前へ
次へ

不動産購入費用を節約する方法の一つ

不動産購入をするときに問題となるのが、仲介手数料です。実は物件の種類によっては数百万円もの差が出てくるため、購入前に調べておくことは重要といえます。物件で仲介手数料のかからないようなものを見つけるポイントとなるのは、売主物件を見つけることです。売主物件とは、不動産会社自体が持っている物件、あるいは所有者が直接不動産購入者と話し合って売却を決める物件のこととなります。なお、中古物件も存在しており、中古物件の場合は、不動産会社が個人や法人から買い取った物件のことを指すことが多いです。直接売主と不動産購入者が話し合って条件を決め、購入金額が決定されます。そのため、不動産購入者にとってはメリットの多い方法の一つです。ただし、売主と不動産購入者との相性がよくないと、購入までに話が進まずトラブルとなる可能性もあります。トラブルを回避するために仲介を頼む場合も多いです。どちらがいいのかは不動産購入者自身がよく考えて決めてください。

Page Top